スペイン、オランダ、現在はノルウェーに暮らす元アンティーク屋の店主のブログ。留学、国際結婚、子供2人との転勤暮らしについて綴ります。


by antiquecadeau
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

イタリア旅行

随分久しぶりになってしまいました。夏休みからはもう10日ほど前に戻ったのですが、その後日本からのお客様が来て、オランダを紹介してまいりました。

今回のイタリア旅行はベローナから始まり、ナポリが最終地点。
今日はベローナのことをご紹介したいと思います。

ベローナは「ロミオ&ジュリエット」の舞台として有名ですね。1世紀末にたてられた円形劇場があり、古代ローマの円形劇場の中でも最大級の物です。ここで是非野外オペラを見たいと思い行ってきました。

ベローナはさすが、オペラの中心な街、という感じで街の中もにぎわっていました。チケットはインターネットで予約、その他ベローナ市内にあるチケット店でも購入出来ます。
夕方ごろからバーやレストランにすてきなドレスやワンピースなどおしゃれをした男女が集まってきます。日本からの方で浴衣を着ていらっしゃる方も見かけました。(すごく良い考えですね!)

私が予約した席は石畳の上。
自由席の場所なので、少し早めに行って見やすい場所を探します。地元のイタリア人、世界中からの観光客で席はいっぱい。階段部分にまで人が座っていました。石の上なので、クッションを500円ほどで借りるサービスがあります。上演前にお兄さんがクッションを持って廻っているんです。その他、ワインやビール、ソフトドリンク、アイスクリームなども売っています。
会場の地上部分には椅子が並べられて、その場所が一番高い席になります。

自分の席を見つけたら、ろうそくに火を着け、上演を待ちます。上演は夕焼け空を使ったりするので、開始時刻はまちまち。この日は9時半ごろに始まりました。
ろうそくを着けるのは、電気がない昔からの習慣だそうで、上演前に自分はここにいるよ、見る準備は整ったよ、ということを舞台の上の人達に知らせるためだったそうです。それからもちろん、ブックレットを読むこと。

残念ながらブックレットの中には日本語は書いてありませんでしたが、イタリア語、英語、ドイツ語、フランス語で読むことが出来ます。私は「アイダ」を見たのですが、本当に素敵な舞台でした。
熱い夏の夜の星空の下で見るオペラ、是非お勧めです!
d0052735_18521828.jpg
d0052735_18523312.jpg
d0052735_18524815.jpg

[PR]
by antiquecadeau | 2005-08-26 18:56 | 旅行