スペイン、オランダ、現在はノルウェーに暮らす元アンティーク屋の店主のブログ。留学、国際結婚、子供2人との転勤暮らしについて綴ります。


by antiquecadeau
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

オランダと差別

週末に会った友達はコロンビア人の子。

彼女はオランダ人の旦那さんと結婚をして、オランダに来て3年になる。夜カフェで待ち合わせをしていたのだけど、到着と同時に

「もう聞いてー!」

と、最近差別にあった話をされました。

オランダ語が上手に話せないから、ジムの受付の人に冷たい返答をされたんだそう。

私も聞いている時にはそんなに落ち込まないで、世の中にはいろんな人がいて、オランダ語が話せないからと言って冷たい態度を取るような人もいるのよ、でもそういう人は無視しなさい!などと話していたんだけど、家に帰ってきて何だか落ち込んでしまいました。

その日の夜、主人が中国人の友人と電話で話していて、彼もオランダは住みにくいからロンドンへ行く、と仕事の面接を受けに行くって言ってるんだ、と聞きました。

同じ日に2回も同じ事を聞いて、何だか居てもたってもいられなくなってしまいました。

私もそういう経験があります。言葉が上手に話せないから、弱気になってしまったり、主張をせずにあきらめてしまったりしていました。
今まで悔しい思いをした経験もいっぱいあったのですが、そんな時こそ英語でもいいから、きちんと主張をしよう、と思うようになりました。私は日本人で日本で生まれてきたので、やはり自分の気持ちを100%、人に伝えようと思っていなかったんですね。そういう自分のことがとてもよく見えてきて、でも日本と同じように外国で暮らすのではダメなんですよね。それからは一生懸命自分の気持ちを伝える努力をするようになりました。まだまだ難しいし、言葉に出来ない気持ちっていっぱいあるんですけどね。

話はそれてしまいましたが、差別、はオランダにあるのか・・・

私にはまだ良く分かりません。二人の友人が話すように、差別、って感じると、それは「差別」になるような気がします。私は少なくとも差別、と思わないようにしたいと思います。まずはやっぱりオランダの文化に入る努力することが大事なのではないか、と思います。これからもう少し考えていこうと思います。

d0052735_19282755.jpg


タイから戻ってくる飛行機の中で見た映画、Little sunshine です。ほのぼのとした映画で、とても良い映画でした。他の乗客もみんな大笑いでした♪
[PR]
by antiquecadeau | 2007-02-13 19:31 | オランダの暮らし