スペイン、オランダ、現在はノルウェーに暮らす元アンティーク屋の店主のブログ。留学、国際結婚、子供2人との転勤暮らしについて綴ります。


by antiquecadeau
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

オランダでの出産とご報告

ブログもお店の方も長い間更新せずにごめんなさい。

ご報告が遅れてしまったのですが、今月頭に長男を出産いたしました。
妊娠が分かったのは昨年のクリスマス前。オランダでの妊娠、出産なんて分からないことばかりだったのですが、家族や友人に助けて頂き、無事息子にこうして会うことが出来、今は幸せな気持ちでいっぱいです。

少し、私が体験したオランダのについてお話したいと思います。
もし興味のある方がいらっしゃったら、読んでくださいね。

まず妊娠が分かってからどうしたかというと、ホームドクターに行きました。(オランダでは必ず家の近くのホームドクターに登録し、専門医が必要な場合にはホームドクターに紹介書を書いてもらいます)このホームドクターでまず妊娠しているかどうか診断を受け、確定すれば助産婦を紹介してもらうか、産科医に紹介状を書いてもらいます。それからオランダでは、自宅出産か、病院での出産かを選ぶことができます。自宅出産の場合(オランダでは約半数が希望しているそう!)には、助産婦のところへ定期検診へ行きます。そして病院出産の場合は、定期検査を助産婦のもとでするか、または産科医にするかを選ぶことが出来ます。

私は、もともと病院出産が希望。それまで定期検診は助産婦さんのもとで行っていたのですが、20週目のエコー時(2回目のエコー。オランダでは問題がないとこの2回目のエコーでエコー検査は終了します)にベビーの腎臓に通常より水が溜まっていることが分かり、その後は全て病院で検診を受けることになりました。

その後24週目に再度病院でのエコー検査。そこで私たちのベビーにダウン症の可能性があることも知らされました。
オランダでは32週目まで中絶が可能なので、羊水検査をすることもゆっくり考えた方がいいと言われました。私はその時、病院で泣き崩れてしまったのですが、主人はしっかりと私のお腹の中にいるベビーは自分たちのベビーに代わりはない、病気でもダウン症でも僕たちの所へ来てくれたのだから、いっぱいの愛を注いで育てていこうよ、と言いました。私もこのベビーを諦めることは考えられなかったので、リスクがある羊水検査をせず、このまま彼を育てて行こうと気持ちを固めました。

時々不安になり、涙をしたことも多々ありました。その後、家を引っ越ししなければならなくなり、病院も変えなくてはならなくなりました。ちょうどセカンドオピニオンを聞きに行こうかと思っていたところだったのでちょうど良かったかもしれません。2番目の病院では、ベビーの腎臓には確かに水がたまっているけれど、まだまだ自分で治す力はあること、それからダウン症ではないと思うよ、と言われました。

それから前の病院へ行くことは辞め、1ヶ月に一回(通常通り)2番目の病院で定期検診を受け、36週目以降は毎週検診を受けました。オランダでの定期検診は通常、血圧と体重、それからベビーの心拍数しかはからないのですが、私の場合は毎回少時間のエコーがありました。だんだんお腹が大きくなり、ベビーの胎動を感じるようになり、いよいよ会うことが出来ると思った時には本当に嬉しかったです。

出産は陣痛が5分間隔になってから、病院へ移動し、病院で出産しました。オランダで驚きなのは、通常出産後数時間ほどでお家へ返されてしまうこと。私の場合には、ベビーの検診があったので、1泊は許されたのですが、翌日朝7時の朝食時に、「旦那さんは何時に迎えに来るの?」と聞かれました。朝8時にベビーの診察を受け、「今特に問題はないこと、1ヶ月検診までエコー検査が出来ないので今日は帰ってください」と言われました。

主人とその後帰宅。

自宅に戻ると、お願いしていた産褥看護婦さんが来てくれました。オランダでは産後のケアに看護婦さんが来てくれて、母子ケアや家事、訪問客の応対などを1週間ほどしてくれます。我が家に来てくれた方は22歳の若い女性。とてもしっかりとした看護婦さんでベビーの育て方や私の回復状況について毎日9時〜3時まで来て手伝ってくれました。赤ちゃんと私たちだけではとても不安だったので、彼女が来てくれたことで本当に助かりました。

今日でベビーも4週間目。時間が経つのは早くて本当に驚いてしまいます。もう8月も終わりなのですね。
明日は1ヶ月検診へ行きます。特に問題がないことを祈るばかりです。

まだ不慣れなことばかりで全てのことが手探りですが、これからペースを作り、お店の更新もしていきたいと思います。

みなさん、どうか良い日曜日をお過ごしでいますように。


d0052735_215982.jpg

[PR]
by antiquecadeau | 2008-08-31 21:05 | オランダの暮らし