スペイン、オランダ、現在はノルウェーに暮らす元アンティーク屋の店主のブログ。留学、国際結婚、子供2人との転勤暮らしについて綴ります。


by antiquecadeau
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30

<   2005年 10月 ( 16 )   > この月の画像一覧

秋。

昨日の日曜日、冬時間になりました。
毎回この日が来ると間違えてしまいそうでどきどきします。今回は冬時間になったので、時計を1時間後へ。日曜日は1時間長く眠れたような気がしました。

お天気はとっても良くてきれいな秋晴れ。なんと気温も20度で暑いぐらいでした。
オランダのほとんどの街では、日曜日はお店も閉まり、ゆっくり自転車に乗ったり、ジョギングをしたり、散歩に出かけることがオランダ人は大好きです。
私もオランダ人に混ざり、散歩を楽しんできました。森の写真を撮ってきましたので、ご紹介します。葉っぱの色が変わり、太陽の光が差しこんでとてもとてもきれいな色でした。
この季節、大好きです。

d0052735_17411310.jpg
d0052735_17412783.jpg

d0052735_17313693.jpg

[PR]
by antiquecadeau | 2005-10-31 17:42 | オランダの暮らし

嬉しい電話!

今日は嬉しいことが続きました。

朝起きて外出する前に電話が鳴りました、それはシドニーの友人から。

彼女とは去年友人の結婚式にハワイへ出かけて以来!ハワイでは5年ぶりぐらいに会ったのですが、来月はオランダに遊びに来るという! 嬉しい知らせ。
話したいことは山ほどあったけど、じゃ来月ね、と我慢することに。彼女はシドニーへ5年前ワーキングホリデービザで行き、永住権を取り仕事をしています。いつも明るくって楽しい女性、彼女とのおしゃべりは止めることが出来ません〜

夕方お家について一休みしていたら電話。

それはシンガポールに住む古い友人から。
彼女と話をしたのは確か3年前、日本に帰国した時期が重なって会えた。彼女は旦那様の仕事の関係で5年前にシンガポールへ引っ越し。今はなんと2児のママ。二人ともシンガポールで産み、頑張って暮らしているという。

外国に住むというのはやっぱりみんないろんな悩みを抱えていると思います。わたしも同じです。言葉が思うように伝わらないなーと感じたり、すごく寂しい気持ちなって孤独を感じたり。
たくましく生きている彼女たちの話を聞いていて、私も頑張ろうって思った一日でした。
[PR]
by antiquecadeau | 2005-10-28 02:35 | オランダの暮らし

CAFE MILCO

先日かぼちゃを買って帰ったのですが、計画倒れしてしまいました・・・・
私は不器用で不器用で、お裁縫も全く出来ないのです。かぼちゃのくりぬきは大丈夫かなーと思っていたのですが、思ったより難しく、もう途中で投げ出してご飯作りに励みました(笑)
かぼちゃとギリシャチーズ、フェタのグラタン。
寒くなるとオーブンが大活躍です。

ところで、今日はお友達の妹さん,ももさんのカフェのご紹介!
外苑前にあるお店 ”カフェミルコ”

とても素敵な店主さんで、私も何度もお会いしたことがあります。雑貨やお洋服が大好きでいつもお家にかわいいものたちが並んでいました。特にたっくさーんのスノーボールたちは忘れられません!今はこちらのカフェにあるそうです。


d0052735_16482192.jpg


住所 東京都渋谷区神宮前2-3-28 城所ビル1F
電話 03-3403-3378

OPEN TIME
月~金 11:30~23:00
土    11:30~20:00
定休日 日・祭日


もともと食器が好きな店主さん。
お店では、OLD PYREXをアクセントで使ったりもしているようです。
そして、ここ最近のお気に入りはスティングリンドベリの食器たち。ご飯とコーヒーがとってもおいしいことで評判なんです。

残念ながら私はまだ行ったことがないのですが、次回帰国の時には必ず行きたいお店の一つです。

どうかお近くにお住まいの方はいらしてみてください!
かわいい雑貨と美味しい料理を楽しんできてくださいね★
[PR]
by antiquecadeau | 2005-10-27 17:06 | お気に入り

ハロウィーン!

ハロウィーン、みなさまどうしますか?

オランダのスーパーにもたくさんオレンジイエローのかぼちゃが並んでいます。それからお花屋さんには小さめのオブジェ用のものも。

わたし、あまり料理が上手ではないのですが、今年こそはパンプキンを買ってパイを作ったりしてみようかな~もちろん、かぼちゃをくりぬいて、ランタンを作ってみたいなーなんて思ってます。

今日はちょうど雨模様だし、やってみようかしら。作れるといいな~
[PR]
by antiquecadeau | 2005-10-25 18:05 | オランダの暮らし

映画

d0052735_23402850.jpg
とても良い映画を見ました。
”BomBon El perro" というアルゼンチン映画。パタゴニアという山に囲まれた空のきれいな場所での犬とある男性のお話。

見ていない人のために話の内容は書かないことにします。本当はとっても書きたいところだけれど、、、お楽しみです。
犬がとってもかわいくて、またこの俳優さんの笑顔が良かったです。
日本でもこの秋公開されると書いてありました。

是非是非見てみてください!おススメです★
[PR]
by antiquecadeau | 2005-10-24 23:39 | オランダの暮らし
今日はインテリアのページに20点、新商品入荷しました。

30年代に作られたフランスのクリスタルグラスランプやキャンドルスタンド、ボウルグラスのフォトフレーム、マリア様の置物、リネンクロス、ソーイングキャビネット、プリンタートレイなど人気の商品たちです。
d0052735_17102393.jpg


素敵なお部屋作りのアイテムをそろえてみましたので、楽しんでいただければと思います。

それから新サービス、おつかいサービスを始めました!

オランダのお土産品からお菓子、HEMAのアイテム(文房具、キッチン、イェップ&ヤネケアイテムなど)、お気軽に問い合わせしていただければと思います。
[PR]
by antiquecadeau | 2005-10-24 17:10

近所の方とおしゃべり。

以前住んでいた場所ではあまり近所の人と交流がなかったのだが、今年2月に引っ越ししたマンションの住人同士がとっても仲良し。1980年に建てられたマンションで多分住民の半分近くがその当初から住んでいるおばちゃまとおじちゃまたち。
最近私も名前で呼ばれるようになって驚いていた。

昨日は郵便受けにお届け物が2件先のお家に預かってもらってます、というメモが入っていたので、取りに行きました。
毎日彼らのお家の前を通って私の家に行くのだか、きちんと挨拶をしたことがなかった。ちょっとどきどきして荷物を取りに。

するとかわいらしいゲイのお兄さんが出てきました。彼はコロンビア人でダンサー。日本にも3ヶ月ダンスをしに行ったことがあるというプロダンサー。かわいい感じの人。(年齢は私よりもずっと上だったけど)
お話好きで家の中を案内してくれた。同じ造りなんだけど、全く違ったインテリア。彼は彼(だんな様かな)と一緒に住んでいて、コロンビアの大きな写真が家のところどころに張られて、またドアの色を赤、青、グリーン、黄色などに塗られて明るい雰囲気。リビングも沢山の色に溢れていました。お互いの部屋をどのように使っているのか、非常口のこととかバルコニーのことなどいろんな話をしました。

彼らのお家を見ていて、今のトイレのタイル貼りが終わったらバルコニーをきれいにしたい、とか、家具をそろえなくちゃとか、考えてしまいました。いつになるかな・・・
[PR]
by antiquecadeau | 2005-10-20 18:04 | オランダの暮らし
d0052735_16364592.jpg


今日はアムステルダムへ。

アムステルダムには1ヶ月に1回か2回行きます。ここはオランダの首都、新しいものもおしゃれなひとも、かわいいものもたくさん詰まっている街です。

特に大好きな場所は「de 9 straatjes」と呼ばれるエリア。(意味は9つの小道です)
場所はシンゲル(Singel)とプリンセン運河(Prinsengracht)のあたりになります。通り名を記したブルーの看板には小さく"de 9 straatjes"と書かれています。町の中心に位置しているのですが、小道なので静かなエリアで、いつも外にテーブルと椅子を出して沢山の人がおしゃべりとコーヒーを楽しんでいるところです。このあたりは地元の人に人気な場所です。

靴やキッチン、文房具のセレクトショップ、古着屋さん、アンティークの眼鏡やさん、アンティークのお店などいっぱいです。このあたりをぐるぐるしてお店周りを楽しみました。
[PR]
by antiquecadeau | 2005-10-18 16:49 | オランダの暮らし
キッチンとカフェのページは1ヶ月ぶりの更新になってしまいました。フランスで買い付けしたキッチン、カフェ物をご紹介しています。それから冬のお洋服に似合いそうなヴィンテージアクセサリーも入荷です。

先日あるお客様から、「商品をクリスマスプレゼントとして送りたい」というご希望のメールを頂きました。海外から届く小包はわくわくしますよね。日本の家族からの小包、どんな食べ物が入っているんだろう、と私も楽しんで開けています(笑)

まだサンタクロースの存在を信じていたころ、フィンランドからサンタクロースからの手紙が届きました。もちろん母がお願いしてくれていたんですが、何だか不思議な気持ちになったのを覚えています。

毎年12月のクリスマスの時期は小包もプレゼントでたくさんになるため、通常2週間ほどで届くものも3週間ほどかかるケースが増えます。また小包が増えると乱雑に扱われることも多いため、なるべく12月中の商品に関していつもよりもしっかりと梱包していくつもりです。
せっかくのクリスマスなので、やはり時間通りになるべくきれいな状態で(箱)お届けしたいと思っております。
もしクリスマスプレゼントをどなたかに贈りたい、とお考えのお客様は11月中の発送がお勧めです。クリスマスカードをつけてオランダから発送します。

d0052735_179262.jpg

[PR]
by antiquecadeau | 2005-10-17 17:11

オランダのテレビで。

昨日の夜、旅番組で東京のことが紹介されていました。

オランダでもソフィア・コッポラ監督の「Lost in Translation 」が去年とても人気のあった作品でした。それを元に東京の街へ、ということだったようです。

改めて驚いたのが、オランダの人口は1560万人、東京だけで3340万人という人口!ということは東京だけでオランダ全部の倍以上になるのか、と。
東京では渋谷、銀座、新宿、ソニービルのショールーム、築地の魚市場(まぐろの競り市も!)や地下鉄、おすし屋さん、カラオケ、デパ地下などが移り、東京の様子を紹介していました。
レポーターの人は今まで日本は何でもとっても高いと思っていたけれど、そんなことはなかった、と話していました。デパ地下でつまんでいる様子などが移ったり、おにぎりやお茶漬けを食べていたり、ちょっとしたことが外国人にとっては新鮮なんでしょうね。
これからも世界で注目される都市でいてほしいと思います。
[PR]
by antiquecadeau | 2005-10-13 17:20 | オランダの暮らし