スペイン、オランダ、現在はノルウェーに暮らす元アンティーク屋の店主のブログ。留学、国際結婚、子供2人との転勤暮らしについて綴ります。


by antiquecadeau
カレンダー

<   2006年 04月 ( 16 )   > この月の画像一覧

こちらはオランダ人デザイナー「スーザン・バイル」がパラシュート用の布で作ったバッグ。

色もオランダらしいビビットな色合いで、とても使いやすいバッグです。
こちらのデザイナー、スーザンはわたしのご近所さん。背のすらっとしたかっこいい女性です。小さなかわいい男の子もいて、普段はデザイナーとママの姿が見られます。

日本でもインターネットショップで購入できますので、見てみてくださいね!
わたしはおつかいやそれからジムへ行く時などに使っています。
d0052735_17202184.jpg



GAS As Interface, Tokyo (Agent Japan)
www.hellogas.com
[PR]
by antiquecadeau | 2006-04-27 17:21 | お気に入り

ipod NANO!

ついにipodを手に入れました!
ずーっと悩んでいて思い切ることが出来なかったのですが、今回はエイっと。
いつもの行動範囲はロッテルダム市内、それからちょっと離れたところに行く時には車を使っていましたが、これで列車の旅も快適に過ごせそうです。
オランダは車で通勤している人がとても多いので、ラッシュ時にとっても混むんです。

昨日は早速アムステルダムへnanoを連れて行ってきました。
いつもよりもあっという間に着いたような気がします。

このipod NANOは本当に小さくて薄くてポケットに入れることが出来るのでとっても便利。
これからは毎日の必需品になりそうです。

d0052735_165728100.jpg

[PR]
by antiquecadeau | 2006-04-26 16:59 | お気に入り

IKEA

IKEAがオープンしたようですね!
ヨーロッパではとても人気のお店です。自分で組み立てなくてはいけないのですが、分かりやすい説明書も付いています。
わたしがお気に入りなのはクロス類。
スウェーデンの明るい色のベッドカバーやクッションカバー、しっかりとしたコットン素材のカーテンなど!お手ごろ価格なので季節ごとにも楽しめます。
わたしは大体3ヶ月に1回ぐらい覗いてしまうお店です。

それから楽しみなのは出口近くにあるスーパー。スウェーデンのクッキーやジャム、ミートボールなどなど美味しいモノが置いてあります。是非試してみてくださいね!

d0052735_17215816.jpg

[PR]
by antiquecadeau | 2006-04-25 17:23 | オランダの暮らし

オランダのお花畑

キューケンホフへ行ってきました。
「キューケンホフ」とはオランダ語で「台所の庭」という意味。1830年頃、ゾッハーというランドスケープ・デザイナーが庭園の設計。英国風のランドスケープに着目したゾッハーは現在のキューケンホフ公園の原型を作りました。
ここは、15世紀、ヤコバ・ファン・バイエルン伯爵夫人の領地でした。当時の人々は狩りをしたり、公園の名前の由来となったお城の台所のためにハーブ摘みに勤しんだりしていたそうです。

こんなにたくさんのお花を見たのは始めてでした。とてもとても素敵なお花ばかり!!
d0052735_1623263.jpg
d0052735_16231483.jpg
d0052735_16232641.jpg
d0052735_16234070.jpg
d0052735_16235955.jpg
d0052735_16241174.jpg
d0052735_1624249.jpg
d0052735_16243755.jpg
d0052735_16245033.jpg
d0052735_1625513.jpg
d0052735_16252093.jpg
d0052735_16253580.jpg
d0052735_16254846.jpg

[PR]
by antiquecadeau | 2006-04-24 16:30 | オランダの暮らし
更新を終える事が出来ました。今回は59点の入荷です。
ヴィンテージアクセサリーやバッグ、フランスからホーロー製のインテリアアイテムなど、入荷しましたので、どうぞ覗いてみて下さいね!

週末になってしまいましたので、新商品の受付は来週24日(月)21時からとさせて頂きます。

どうぞよろしくお願いします!

写真は先週イースターの時に買ったチューリップ!
イースター時は黄色のお花がたくさんお花屋さんに並んでいました。

よい週末をお過ごしくださいね!
d0052735_1656254.jpg

[PR]
by antiquecadeau | 2006-04-21 16:57
当店のお客様にはいつも素敵なメールを頂いて、励まされています。
本当にありがとうございます。
気持ちが暖かくなり、また頑張ろうという気持ちになります。

今年の6月でアンティークカドーも3年目を迎えます。
今までご紹介してきた商品数も全部で2600点以上になりました。
来月は皆様に今までの感謝の気持ちをこめてセールをしますので、楽しみに待っていてくださいね!

*来週50点ほど更新する予定です。もうしばらくお待ち下さい!
d0052735_23325580.jpg

[PR]
by antiquecadeau | 2006-04-20 23:33

Skype

今日はとてもいいお天気!どうやら週末は20度ぐらいまで上がるそうで、今からとても楽しみ。日本も最近はとても暖かいそうですね。

日本の家族とは通常はメールのやりとりをしていいます。MSNチャットやSKYPEなども試したけれど、やっぱりメールが一番気持ちが伝わるような気がします。普段あまりおしゃべりなどをしない父もメールだと書きやすいようです。

それから最近使い始めたのはSKYPE電話。

使い方はとっても簡単。自分の名前などを登録して、クレジットカードで使いたい分だけの料金をあらかじめ支払います。私はとりあえず10ユーロ(1500円ぐらい)を買ってみました。オランダから日本まで1分2.2セント(=33円)。どれぐらいお話したのかも見れるので、とても便利です。
パソコンに向かって話している姿はちょっと恥ずかしいですが、、
[PR]
by antiquecadeau | 2006-04-20 17:35 | オランダの暮らし

Memory of GEISHA

週末は映画を見てきました。
日本では「さゆり」として公開されている「Memory of Geisha」。

オランダではこの本がとても人気でベストセラーとして長いこと紹介されていました。本を読んだ人は映画を見て、お話が随分カットされていて驚いた人も多かったようです。私は本を読んでいなかったので、美しい日本の風景や着物に素直に感動しました。それから芸者の生活にも。

日本のことなのにじつは知らないことが多くて恥ずかしい限りです。芸者の生活、それから在り方などを見ることが出来て本当に興味深かったです。
これから本を読んでみようと思います。

d0052735_16431139.jpg

[PR]
by antiquecadeau | 2006-04-19 16:43 | オランダの暮らし

イースター

週末はイースターでした。

イースターは、イエス・キリストの復活を祝い、記念する日で復活祭とも言われます。
クリスマスよりも宗教的には大事な日とされているそうです。
この日、オランダは卵に絵を描いたり、カラフルに染められたゆで卵を探す「エッグハント」をする習慣があります。
どうしてエッグが大事なのかというと、ひよこが卵の殻を破って出てくるように、キリストも死という殻を破ってよみがえられたことからだそうです。


子供のいるおうちでは両親が、家の中やお庭に卵を隠して子供たちが一生懸命さがしています。卵は一日一つよ、って普段言われている子供もこの日だけは2個食べれるんだとか!
お店もお休みになり、街の中はとっても静かでした。
私は3連休のお休みをのんびり過ごしました。
[PR]
by antiquecadeau | 2006-04-18 16:53 | オランダの暮らし

外国で暮らしてみて

昨日は一緒にお仕事をさせていただいている日系企業の方と食事に出かけました。
最近日本食食べてないでしょ?っということで、アムステルダムにある日系ホテルに入っている美味しい和食やさんにご招待していただきました。

ここはまるでオランダの中の日本。

他のお客様もほとんどがビジネススーツ姿の日本人の方。
お店で働いている人も全員が日本人のようでした。改めて気がついたのは、彼らの笑顔やサービス精神。

これはオランダのほかのレストランでは見られない姿です。
オーダーをするのに時間がかかったり、お勘定をするのに時間がかかったり、私は慣れっこになっていたので、忘れていました。

昨日は3人の日本人の方と食事をしたのですが、
「一度あまりにお勘定するのに時間が掛かったので、そのまま出てきちゃったわ」

という女性の方。
こういうのはすごくオランダ、と思いました。

お話をしていて興味深かったのは、皆さん外国に住んだことのある方たちでした。一人の女性はパリに4年間住んでいる方。
「パリは本当にいいところね?」と私。
彼女は
「そうね、すてきなところ。でもたっくさん嫌いなところがあるんだけどね!」って笑顔。

もう一人の男性はドイツに5年間住んでいました。彼もやっぱりドイツで嫌いなことがいっぱいあるけれど、やっぱり第2の故郷だそうです。
他の人がドイツのことを悪く言っているのを聞くと、怒ってしまうそう。
これは外国に来ていろいろな方とお会いして聞く大好きな一言です。

私も実は同じなんです。
今までスペインとオランダに住んできて、両方の国の嫌いなところもたくさん見てきました。嫌いになって、住むのがもう嫌、って思うこともありました。でも結局すきなんですよね。
私にとってはこの2国は大事な私の第2の故郷なんです。

きっと「好き」のほうが「嫌い」よりも大きいんでしょうね。
嫌いだけど好きっていう気持ちって本当に好き、これだけあなたのこと(国)を知ってるけど、やっぱり好きよ、って意味なんだと思います。
[PR]
by antiquecadeau | 2006-04-13 16:52 | オランダの暮らし