スペイン、オランダ、現在はノルウェーに暮らす元アンティーク屋の店主のブログ。留学、国際結婚、子供2人との転勤暮らしについて綴ります。


by antiquecadeau
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

<   2007年 02月 ( 4 )   > この月の画像一覧

今回はキッチン、カフェ、インテリア、ファッションのページに50点以上、新商品が入荷です。
d0052735_17584741.jpg


もし写真が小さくて見ずらいなどございましたら、大きめの写真をお送りいたします。本日一日外出しておりますので、戻り次第皆様にお返事いたしますね。

どうぞよろしくお願いいたします!
[PR]
by antiquecadeau | 2007-02-22 17:59

タイ旅行

報告が遅くなってしまいましたが、年末年始はタイへ行ってきました。

色々な面でとても良い旅行で、いろんなことを考えさせられ、なかなか言葉に出来なかったので、この旅行のことを書くのがどんどん遅くなってしまいました。

いろんな出会いがあり、タイのことや人種のこと、自分のこと、仕事のこと、など本当にたくさん考えさせられました。すてきな人々に会ったり、今まで知らなかったことを見たり聞いたりしていると、自分の悩みが本当にちっぽけに感じます。

もう元の生活に戻って1ヶ月以上も経つけれど、心の中が温まったままです。このままずっと忘れないようにしようと思います。


d0052735_19514347.jpg
d0052735_19515466.jpg
d0052735_1952642.jpg
d0052735_19521773.jpg
d0052735_19523081.jpg
d0052735_19524558.jpg
d0052735_1953548.jpg
d0052735_19531724.jpg
d0052735_19533013.jpg

d0052735_1956228.jpg
d0052735_1953536.jpg



バンコクでは東京で仕事をしていた時の同僚に出会うことが出来ました!会えてすごく楽しかった。ありがとう!
[PR]
by antiquecadeau | 2007-02-20 19:56 | 旅行

オランダと差別

週末に会った友達はコロンビア人の子。

彼女はオランダ人の旦那さんと結婚をして、オランダに来て3年になる。夜カフェで待ち合わせをしていたのだけど、到着と同時に

「もう聞いてー!」

と、最近差別にあった話をされました。

オランダ語が上手に話せないから、ジムの受付の人に冷たい返答をされたんだそう。

私も聞いている時にはそんなに落ち込まないで、世の中にはいろんな人がいて、オランダ語が話せないからと言って冷たい態度を取るような人もいるのよ、でもそういう人は無視しなさい!などと話していたんだけど、家に帰ってきて何だか落ち込んでしまいました。

その日の夜、主人が中国人の友人と電話で話していて、彼もオランダは住みにくいからロンドンへ行く、と仕事の面接を受けに行くって言ってるんだ、と聞きました。

同じ日に2回も同じ事を聞いて、何だか居てもたってもいられなくなってしまいました。

私もそういう経験があります。言葉が上手に話せないから、弱気になってしまったり、主張をせずにあきらめてしまったりしていました。
今まで悔しい思いをした経験もいっぱいあったのですが、そんな時こそ英語でもいいから、きちんと主張をしよう、と思うようになりました。私は日本人で日本で生まれてきたので、やはり自分の気持ちを100%、人に伝えようと思っていなかったんですね。そういう自分のことがとてもよく見えてきて、でも日本と同じように外国で暮らすのではダメなんですよね。それからは一生懸命自分の気持ちを伝える努力をするようになりました。まだまだ難しいし、言葉に出来ない気持ちっていっぱいあるんですけどね。

話はそれてしまいましたが、差別、はオランダにあるのか・・・

私にはまだ良く分かりません。二人の友人が話すように、差別、って感じると、それは「差別」になるような気がします。私は少なくとも差別、と思わないようにしたいと思います。まずはやっぱりオランダの文化に入る努力することが大事なのではないか、と思います。これからもう少し考えていこうと思います。

d0052735_19282755.jpg


タイから戻ってくる飛行機の中で見た映画、Little sunshine です。ほのぼのとした映画で、とても良い映画でした。他の乗客もみんな大笑いでした♪
[PR]
by antiquecadeau | 2007-02-13 19:31 | オランダの暮らし

お友だちの誕生会

またまた久しぶりのブログになってしまいました。

オランダは先週から雪が降るさむーい天気が続いています。私はお正月明け、タイでの休暇が終わってから、何だか気の抜けた炭酸飲料みたいになってしまっていました。
もうそしたらあっという間に2月の半ばになってしまって、汗です。

今年はもっともっと素敵なものが紹介できるよう、頑張っていこう、と思います。(遅いスタートになってしまいましたが)

週末も雨、だったのですが、お友だちの子供が1歳の誕生日を迎えて、お誕生会に行ってきました。
彼の名前はNosson君。ヘブライ語でプレゼント、という意味だそうです。彼のパパはオランダ人でヘブライ語を勉強する大学院生。ママは韓国から4年前にオランダに来ました。パパとママは6年ほど前にエジプトで旅行中に出会ったんだそうです。

この日はパパの友だち、ママの友だちと世界各国色々な国からの友人に囲まれてのお祝いでした。中でもすてきだったのが、韓国の1歳のお祝いを見れたこと!
韓国では1歳のお誕生日にこんな丸いテーブルの上に、(丸いテーブル=カドがないまあるい性格になってほしいという願いから) お米や餅、みかん、お金、弓、書道道具、糸、などを置いて、1歳の子が何を一番に選ぶかを見て、将来どんな子になるか、見てみるんだそうです。
パパとママはお金を取って、お金持ちになってーと願っていましたが、Nosson君はニコニコとしてテーブルに近づいた後、お米を一掴みしていました!
強いたくましい子になることでしょう。

全ての意味は忘れちゃいましたが、弓は強い子に、書道道具は芸術家に、糸は長生きする、という意味があるんだそうです。
d0052735_23153751.jpg

[PR]
by antiquecadeau | 2007-02-12 23:16 | オランダの暮らし