スペイン、オランダ、現在はノルウェーに暮らす元アンティーク屋の店主のブログ。留学、国際結婚、子供2人との転勤暮らしについて綴ります。


by antiquecadeau
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
d0052735_4453438.jpg
d0052735_4445012.jpg
先日は初めて、アンティーク市へ行ってきました。
春夏の間、ここスタヴァンゲルのダウンタウンで、毎週土曜日の朝アンティーク市は行われているのですが、ときめく物があまり置いてある物がなく、(まだ出会えてないだけかも)今回は入場料を払って入るようなマーケットに行ってみることにしました。

日本人のお友達2人と一緒に。
彼女達は日本人の旦那様の転勤でいらした方たち。お1人はノルウェーの首都、オスロに今まで住まわれていて、そこは週末のマーケットも充実しているとか。2人とも食器が大好きで、おもてなしも大変上手な方たち。

ノルウェーのアンティークというと、Cathrine Holm、FiggjoやStavangerflit、Egersundsが有名のようです。

ちなみに今回の入場料は70NOK(1200円)! 
やっぱりオランダに比べると高い! 倍の入場料です。
しかも私が今回、これっと出会えたのは一枚のお皿、、50NOK(855円)。なんだかなぁ・・

次回までにしっかりお勉強して、また出かけたいと思います。
[PR]
# by antiquecadeau | 2014-03-29 17:14 | ノルウェーの暮らし
ヨーロッパにはたいてい、2月に1週間のお休みがあります。
去年は次男が小さかったので、行く事の出来なかった雪山へ今回は行ってきました。
多くのノルウェー人はこのようにスキー旅行へ出かけます。中にはキャビンを持った家族もたくさんいて、スキーに頻繁に出かける人も多いそうです。

今回は、スタヴァンゲルから車で5時間のスキーリゾート、Hovdenへ。
ここから車で1時間ほどの所にもスキー場はありますが、今回行った所はその道中もとても美しい所でした!

現在、長男(5歳半)、次男(1歳11ヶ月)、二人とも雪には大喜び!
長男にとっては初めてのスキー。最初のうちはノルウェー流にパパと練習。
ここで初めて見た、子供をコントロールする紐を購入し、スキーの練習をしました。
この紐は子供に紐の入ったウェストポーチを着け、後ろから大人が向きをコントロール出来る仕組みです。

スキー場には子供がたくさん、それから我が家の次男のように小さい子供もたくさんいました。ノルウェー人は2歳ぐらいからスキーの練習を始めるようです。私よりスイスイ滑っている子供もたくさんいました。また2歳前のスキーの出来ない子達はソリを楽しんでいました。
スキー場には保育園があって、暖を取ることが出来たり、それから子供だけを預けて大人だけでスキーに出かける人もいました。スキー場も子供に優しい北欧らしく、遊びものがあったりと大変充実していました。

行く前は小さな子供を連れて1週間も行くなんて無謀かな、と心配しましたが、とても楽しく、充実したお休みになりました!
d0052735_1844532.jpg
d0052735_182943.jpg
d0052735_17563392.jpg
d0052735_17553819.jpg



d0052735_1892260.jpg

[PR]
# by antiquecadeau | 2014-03-10 18:07 | ノルウェーの暮らし

ママ友とマドリッドへ!

先週(金)〜(日)までの3日間、ママ友8人でマドリッドへ出かけてきました。
国籍はいろいろ、アルゼンチン人、イタリア人、オランダ人、ポーランド人、ベルギー人、それから日本人の私。

初日金曜日はこの旅のメインイベント、カナダ人シンガーのコンサートに出かけ、それから週末は美術館をゆっくり廻ったり、お買い物をしたり、ディナーをゆっくりおしゃべりしながらと3日間、楽しみました。

なかなか子供がいると美術館に行くことが出来なかったり、時間に融通が効かなかったりするけれど、マドリッドは思ったよりものんびりしているし、大きな街なのにも関わらずところどころに公園があったり、メリーゴーランドがあったり。今度は子供を連れて家族で行ってみようと思いました。

それからホテルもおススメ。

今回滞在したのは ERIC VOKEL MADRD SUITES。
www.ericvokel.com 
住所:San Bernardo 61, 28015Madrid
 
デンマークの建築家がデザインしたというこのホテル、最上階の部屋は8人まで泊まることが出来ます。今回私達が宿泊したのはその1階下の4階で4人部屋を2部屋取りました。4人部屋にはキッチン、リビング、バスルーム2こ、寝室2部屋、と広々しているので家族宿泊しても快適に過ごせること間違えなしです。スタッフもとてもよくしてくれました。マドリッドにご家族で行かれる際、チェックしてみてください!
d0052735_190385.jpg
d0052735_190274.jpg
d0052735_1904096.jpg
d0052735_1921143.jpg
d0052735_1931293.jpg
d0052735_1933170.jpg
d0052735_1934485.jpg
d0052735_1935955.jpg

[PR]
# by antiquecadeau | 2014-02-06 19:04 | 旅行

物価が高いノルウェー

どうもノルウェーの物価は世界の1番目か2番目に属するぐらい高いらしい。
食材ももちろん高いのですが、悲しいのは外で気軽に外食を楽しむことが出来ないこと。

カフェでコーヒーやお茶などを頼むと、だいたい700円ぐらい、マフィンやケーキなどをつまんでしまうと1,000円はしてしまいます。またランチメニューなどから選んでも3,500円ぐらいします。そこでもっぱら、ノルウェー人は人を家に呼んでご飯やお茶などをしているようです。
我が家も同じ。だいたい1週間に一度は呼ばれたり呼んだりして、ソーシャルライフを楽しんでいます。
昨日は5人の日本人のお友達が来てくれたので、ムール貝のパスタとアップルケーキを焼きました。あまりに慌てて作ったので、写真を取るのを忘れてしまいましたが。

今は子供たちのためにキャロットケーキを焼いています。ケーキを焼いている時のにおい、たまりません。子供たち喜んでくれるといいな。どうか
d0052735_19254578.jpg
良い週末になりますように!
[PR]
# by antiquecadeau | 2014-01-24 19:26 | ノルウェーの暮らし
昨日は長男のクラスメートのお誕生会がありました。
ノルウェーには何件か室内で遊べる場所がありますが、今まで見た中でもここが一番大きく、お誕生会が出来る部屋も6部屋ぐらいあります。

昨日は寒い、また曇りの日曜日だったので、大勢のノルウェー人の子供たちが遊びにきていました。去年初めて行った頃はこの大きな滑り台や火山などを見て、驚きそして怪我をしないかヒヤヒヤしたのですが、親も子も逞しくなりました(!) 

お誕生会はお部屋でケーキやパンケーキ、それからアイスなどを食べた後、ひたすら遊ぶ! 今日は13人の友達が集まり、みんな楽しそうに遊んでいました。付き添いの私達もおしゃべりをしたり、一緒にケーキを食べたり、楽しい日曜日になりました。d0052735_21443528.jpg
d0052735_2144176.jpg
d0052735_21435939.jpg
[PR]
# by antiquecadeau | 2014-01-20 21:45 | ノルウェーの暮らし

人生は旅!

「人生は旅!」 というタイトルに変更しました。
ずっと悩んでいたタイトル名・・ もうアンティーク屋を辞めてから随分経っているし、今の私は何だろう、なにを伝えていきたいだろう、と思い悩んでいたんです。

ノルウェーでの生活も早くも1年半が過ぎました。1年半経って思うこと、やはり 『住めば都!』 ということでしょうか。ノルウェーという国は私達外国人にとても優しく、ちょうどよい距離感を保ってくれ、また美しい自然に囲まれ、快適にここでの暮らしを楽しんでいます。

5歳の長男はインターナショナルスクールのキンダーガーデンに通い、英語、オランダ語、日本語を上手に使い分けるようになってきました。ここに引っ越ししてきた当初から半年間は苦しんでいたので、とても嬉しく、また子供はすごい、と感心してしまいます。さらに8月の新学年になってからはノルウェー語も学校で始まりました。

4月で2歳になる次男は主に英語で会話をする保育園に通っています。1歳になる頃から通い始め、毎日とても楽しく過ごしているようです。子供たちの様子や学校についてはまた詳しく、ご紹介したいと思います。

最初の話題に戻って、どうしてこのタイトルにしたか、というと・・
私の中で1番の楽しみは旅だということ、をこの1年間感じたことです。去年1年も子供たち2人を連れて、何度も旅に出ました。
オランダ、エストニア、クロアチア、スペイン、日本、、

この子供達との旅について主に書いて行きたいと思っています。

どうか新しいことの出会いの多い、そして笑顔たくさんの楽しい一年になりますように。
今年もどうぞよろしくお願いいたします!
[PR]
# by antiquecadeau | 2014-01-19 19:38 | ノルウェーの暮らし
長男の仁の幼稚園が始まって6週間。幼稚園はインターナショナルスクールの中のプレスクールというクラスにいます。ここはもともとはアメリカンスクールだったため、アメリカ人が80%ぐらい。でもたくさんの国籍の子供たちが通っています。

心配だった語学ですが、さすが子供!問題なく、今では毎日楽しそうに英語を話したり、歌を歌ったりしています。家ではオランダ語と英語が混ざってしまうこともありますが、慣れてきたらきっと自分で違いに気がつくでしょう、と敢えて直さず、そのまま言葉を楽しませてあげようと思っています。

先日は初めてここで出来たお友達のお家へ行きました。ベルギー人のママとオランダ人のパパのお家。彼らにもベビーがいるので、蓮も赤ちゃん同士楽しんだようです。

昨日はアメリカ人ファミリーのお家へ行きました。夕飯も食べて行きたい、と言い出したので私もびっくり。英語しか話せない環境にいても怖くはないようです。頼もしくなりました。お迎えに行ったところ、3人で仮装までして楽しそう!子供は自分の世界をきちんと自分で作れるものなのですね。我が子の成長には驚き、でもまた嬉しかったです。

写真:上の2枚は学校で。スパイダーマンは学校のパーティで高校生のお姉さんにペイントしてもらいました。先生はとっても優しいカナダ人の先生。

d0052735_17541528.jpg
d0052735_17525094.jpg
d0052735_17501853.jpg
d0052735_17485645.jpg

[PR]
# by antiquecadeau | 2012-09-21 17:57 | ノルウェーの暮らし

初めての釣り

仁(4歳1ヶ月) 蓮(5ヶ月)

先週末は釣りに行ってきました。場所はUlsnesという小さな港。
港からは既に魚が群れで泳いでいるのが見れます。

初めての釣りなので、きっとつれないよ〜と弱気だったのですが、なんと30分後には1匹!その後、2時間で計3匹が釣れました。釣れたのは、タラとサバ2匹。

釣れたのは良かったのですが、どうしようか、、と考えていたところ、近くに釣りに来ていたドイツ人の親子(息子さんは主人の同僚でした)が魚のさばき方や釣りの仕方まで色々教えてくれました。彼らは毎日仕事の後来ているとのこと。そしてその夜は美味しいタラを食べました。塩こしょうをして、ちょっと小麦粉をふってオリーブオイルで焼きました。そのおいしいこと。こんなにフレッシュな魚を食べたのは初めて。
息子も初めての釣りに大興奮。自分で釣った魚は特に美味しかったよう。ぺろっとたいらげてしまいました。

ノルウェーはどうやら魚が簡単に釣れることで世界でも有名なよう。これからもはまってしまいすです。
d0052735_17312517.jpg
d0052735_17302516.jpg
d0052735_17293986.jpg


蓮は椅子に座れるようになり、離乳食が始まりました。今週はお米から。ノルウェーでもお米から始めるのは良いとのこと。思った通り、とても美味しそうに食べています。もっともっととせがむのですが、まずはスプーン一杯ね。
[PR]
# by antiquecadeau | 2012-09-08 17:34 | ノルウェーの暮らし

学校スタート

長男の仁(4歳)次男の蓮(4ヶ月)


6月末に引っ越しした後、日本にバケーションへ行き、戻ってすぐに仁の学校が始まりました。
今週は3週目。

彼が通う学校はISS (インターナショナルスクール オブ スタヴァンゲル)。40カ国以上の国から集まっているようです。
仁のクラスには、アメリカ人、オランダ人、ポーランド人、オーストリア人、フランス人、イギリス人、ベルギー人の子供がいるようです。学校の言葉は英語。仁は今まで日本語とオランダ語で育っているので、英語は初めて。

最初はどうなることかとドキドキしていましたが、毎朝楽しみでしょうがないようです。
2日目には「Good morning」と英語で言い始めていて、さすが子供です。彼らのやれることは無限大。

ただ1週目はなかなか友達が出来ず淋しかったのか、「ボクたちのお家に帰ろう」、と言ってきました。
これを聞いた時は辛かった。私もその頃ロッテルダムの友達に会いたいな〜と思っていて弱気になっていた時だったのだけど、きっと彼にその気持ちが見えちゃったのでしょう。私が元気になって友達を作ろう、と前向きになったら、仁も前向きになってくれました。

今ではJuliaというオーストリア人のお友達がいます。先生がいつも2人は助け合って、仲良くしていると言っていました。Juliaは学校へ行きたくない、と朝泣いていることもあるのですが、どうやら仁が手を取って一緒に遊ぼう、と言ってなだめているようです。息子が優しく大きくなってくれて本当に嬉しいです。

先週末はKonderparkという遊園地へ行ってきました。写真はそこからのもの。
ジェットコースターや長い急な滑り台など、怖がって嫌がるかな、と思っていたのですが、とても楽しかったよう。また子供の新しい面を見つけました。
d0052735_2271155.jpg
d0052735_2262465.jpg
d0052735_2253955.jpg
d0052735_2244555.jpg

[PR]
# by antiquecadeau | 2012-08-30 02:27 | ノルウェーの暮らし
子供の年齢:仁(3歳10ヶ月)、蓮(11週)

先週末、主人の仕事の関係で、ノルウェーのスタヴァンゲルに引っ越ししました。
お店を辞めることとは関係なく、この引っ越しはお店を閉じると決めた後に決定したのです。

着いてからの4日間はひたすら、家探しをしています。初めてきたノルウェーですが、緑がとても多く、またスタヴァンゲルはフィヨルド海岸沿いにあり水も多く、街はとてもきれいです。それから子供が遊べる公園があちらこちらにあって、我が家の息子たちも嬉しそうです。

仁はオランダの保育園を途中で辞めなくてはいけなかったので、友達の所へ帰りたい、というかな、と思っていたのですが、今のところはこの新生活の始まりを楽しんでいるようです。

家探し、これが結構難しい!一軒家を中心に探しているのですが、40年代に建てられた家や最近建てられた家などもあり、いろんな家を見るのも楽しいものです。今日までに9件の家を見たので、今週中に決めたいところです。

写真は仁の幼稚園(中学校、小学校と同じ校舎)を見に行った時、地元の子供たちが遊んでいて、仁や蓮と遊んでくれました。とてもフレンドリーな子供たち。7歳、8歳位の子供たちと思いますが、既に片言の英語を話せ、私達にも名前は?と話しかけてくれました。仁はとっても嬉しそうでした。
d0052735_1672366.jpg

[PR]
# by antiquecadeau | 2012-06-28 16:08 | オランダの暮らし