スペイン、オランダ、現在はノルウェーに暮らす元アンティーク屋の店主のブログ。留学、国際結婚、子供2人との転勤暮らしについて綴ります。


by antiquecadeau
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

暑い、で思い出したこと。

オランダは今日もいい天気。天気予報によるとヨーロッパ全体的にすっごくいい天気。スペインの内陸では40度!

スペインといえば、オランダに来る前に暮らしていた所。海のあるあのガウディの町、バルセロナで1年半暮らした。2005年になったら海外に行くんだ、って2000年ごろから決めていて貯金をして、海外へ。小さなころから海外で暮らしてみたいっていう憧れ、夢があって、仕事でも勉強でもいいから旅行ではなく、「暮らし」を体験してみたかったのだ。

スペインを選んだのは、学生の時に友人とバックパッカーでマドリッドからアンダルシアを回って、バルセロナまで列車で旅をした時の印象が大きかったこと、それから歴史の古い街へ住んでみたかったから。

3ヶ月の予定だったので、小さなスーツケース一つで出発した。時は2005年の9月。会社を辞めた後2ヶ月経った時だった。

初め着いた時にはスペイン語もまるで話せない上、バルセロナはカタロニア語という方言(ダイレクト)を話す場所。通りの名前までカタロニア語で言われて、留学先の学校になかなか辿り着けなかった。なんとか学校を探して、アパートに案内されて、ベッドに横になってから12時間以上も眠りに着いたことを今でも覚えている。

ぎらぎらな太陽、海からのそよ風、歴史のある街、ガウディの建築物、大声で話すバルセロナ人、夜遊びが大好きな友人たち、忘れられないことがたくさんある場所である。今日の太陽を見ていたら、この街を思い出した。
[PR]
by antiquecadeau | 2005-06-22 17:53 | スペインの暮らし